Make your own free website on Tripod.com

投球時の注意点
次は,投げる時に気をつける点です.
狙うポイントボウリングの基本は「スパットボウリング」にあります.そこで,投げる時は,「スパット」のみに集中します.この講座で初めてスパットボウリングを知った,という方ならまず,アプローチにあるドットの一番右のドットに右足をそろえます.それから,狙うスパットは,右から2番目(10枚目の板)のスパットにします.そして,そのスパットをボールが通るように投げます.左投げは,左右を逆にして考えてもらえればいいです.投げる時は,「スパットだけを見る」ことを心がけて下さい.フォーム:腕の振り方ボウリングの腕の振り方は,「振り子」と同じようなものです. プッシュアウェイをした後,ボールが自然に振り子の形を描くようにスイングをします.

スイングの途中で力を入れずに,楽にボールを振ることが大切です.この形を頭に思い浮かべながら練習をして下さい.
フォーム:足の運び助走の歩数は,4歩が基本となります. 5歩助走が一般的には多いようですが,4歩助走に1歩加えただけです. 3歩以下の助走はあまりお勧めしません.

助走の時は,狙う方に向かってまっすぐに,およそ一定の時間間隔足を踏み出して助走して下さい.時間間隔が一定でないと,全体のバランスが悪くなり,よくありません.